MicroSoft eXtended

1983年、マイクロソフトとアスキーによって提唱された8bitパソコンの統一規格、
それが「MSX(MicroSoft eXtended)」である。
 
オレが初めて手に入れたMSXはパナソニックの「FS-A1F」。
3.5インチFDD内蔵のMSX2だ。
当時の友人がPC-88を購入したので、
それまで使っていたものをソフト込みで譲ってもらった。
YsIIIやルーンワース、ロードス島戦記が発売された後だったので、
1989年~1990年頃のことだったと思う。
高校時代にPC-8801FRを教諭から譲ってもらったのをきっかけに、
MSX稼働率は徐々に下がってしまった。
結局2年程度しか使わなかったかな。
 
当時のパソコンは家庭用ゲーム機では実現できないような、
グラフィックやサウンド、大容量の大作ゲームが目白押し。
アクションゲームにはあんまり向かなかったけど、
シミュレーションやロールプレイングで遊ぶなら、
やっぱりパソコンってな時代だった。
当時のお子様ゲーマーとしても魅力ではあったが、
パソコンなんて到底買ってもらえなかった・・・。
ファミコンが10台とか買える値段だったワケだしね。
 
そんなお子様方が目を向けたのがMSX。
専用のディスプレイを必要としないなど、
価格的にも他機種に比べればかなり安価だったため、
「プログラムの勉強」を口実に買ってもらった人も少なくないはず(笑)
規格はMSXからMSX2へ移行しており、
当時のパソコンで発売されていたゲームも普通に発売されてた。
まぁ、カテゴリ的にはパソコンだったしね。
 
その後MSXは、MSX2+、MSX TurboRと機能UPされていったが、
8bitパソコンの終焉と共に市場から姿を消していった。
そしてパソコンゲームはPC-98のエロゲの時代を迎える・・・。
 
ユーザー暦は長くないけど、オレの中でのMSXの存在はかなり大きい。
当時名作といわれたパソコンゲームのほとんどをMSXでプレイしているので、
そういった意味でもかなり印象深いハードだ。
エロゲもやったねぇ・・・(*´ー`)y-~~~
ドラゴンナイトとか(いろいろな意味で)ドキドキしながら遊んだモンです(ノ∀`)
 
まぁ、そんなワケなんで「MSX」という単語には比較的反応をみせる。
最近になって公に「MSX」という単語をよく耳にするようになり、
「1チップMSX」なんてものまで開発されてるようで正直驚いてた。
製品化されるかビミョ~なんて話も聞いてたんだけど、
ついに「1チップMSX」が5,000台限定で発売されるようです。
発表当時はMSX1規格だったけど、MSX2規格にパワーアップしてるし、
FM音源(OPLL)も内蔵してるようですよ。
ネタ的にちょっと欲しいような気もするけど、
ネタに19,800円(予価)出すほど経済的な余裕はありません(つД`)
つか、うちには当時の本体がまだ残ってる(動作するかは分からんが・・・)し、
Win用のE(ry
 
でも、動向は気になるのでレビューとか楽しみです。
購入予定者いますかね?
MSX用の外付けFDDとか差し上げますんで動作確認とかしてくださいよ(笑)
 
 
広告
  1. #1 投稿者: wutchy (2006/08/19 - 06:47)

    >おでんサン
    おでんサンもMSXで遊んでたクチですか?(笑)
    そういう人には魅力感じるでしょうねぇ<1チップMSX
    オレも正直欲しいですけど、
    使うか・・・というとかなり怪しいので、購入は見送るつもりです(´・ω・`)
     
    購入したらレビューよろしくです!(`・ω・´)

  2. #2 投稿者: くにあき (2006/08/19 - 03:45)

    やっべ欲しい。どれとどれを切り詰めれば予算捻出できるか、本気で考えている自分ガイル。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。