しつこく「XSELECT-D4」

未だにサターン、スーファミが出力できないワケだが、
まぁ、コレについては半ば諦め(´・ω・`)
そんな中、もうひとつ「XSELECT-D4」の素晴らしい機能を発見!(゚∀゚) ←取説読んでない
 
「XSELECT-D4」からD端子出力で「CB-HARROC01-PCIE」へ放り込んでるワケだが、
どうもVGAへの出力も同時に行われているようだ。
まぁ、つまり、こういうことだ。
xselect_dual_out
デュアルモニタ環境のオレ歓喜!!ヽ(゚∀゚)乂(゚∀゚)乂(゚∀゚)ノといわざるを得ない。
これで遅延を気にせずに思う存分ゲームをプレイすることができる。
まぁ、実際のところキャプチャはしてないけどな。
 
広告
  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。