本末転倒プロジェクト始動【仕上げ編】

テレビ側の画質調整もひと段落してやっと落ち着いた。
未調整時に比べると大分引き締まった画面になり、Xbox360に関しては概ね良好な感じだ。
惜しむらくは、360が5.1ch環境になっていないといったところか。
まぁ、5.1ch環境についてはPC側に繋いでおく必要もないんで、
PC用のステレオスピーカーを購入する方向で検討してみますかね。
 
さて、画像の出力については、
『XSELECT-D4』を介してのD端子・VGA出力同時出力可能な環境ではあるけど、
どのタイミングでキャプチャが必要になるか分からないため、
できればテレビ側とキャプチャ側の同時出力を実現したい。
ケーブルの挿し替えで対応している現状としては分配器が必要になる。
複数入力で1系統出力のいわゆるD端子セレクタであれば安価で複数商品存在するのだが、
分配可能な商品というとAVアンプなどそこそこ高価な商品になる。
そこで今回チョイスしたのがSONYの『SB-RX300D』だ。
SB-RX300D
 
実売価格15,000円程度と安価ながら、4系統入力・3系統出力という優れものだ。
オークションでAVアンプを購入するという選択肢もあったけど、
設置場所・金銭面を考慮してこちらを9,000円で落札。
13,000円くらい出せば通販で新品も買えたけど、まぁ、こういうときもある。
 
セレクタ関連は『XSELECT-D4』と『SB-RX300D』の2つがあるワケだけど、
どちらをメインの受けにするか悩むところ。
SSやSFCがAVマルチで使用できない以上、RGB21ピン→D1への変換出力は不要であり、
更にいえば、Xbox360・Xbox・PS2・GCをD端子(コンポーネント)で統一することにより、
実質的に『XSELECT-D4』は不要になるワケだが、
コンポーネントが直接入力できるし、トラスコとしても使用できるしね、
ってことで『XSELECT-D4』をメインとして使用することとした。
で、接続的にはこんな感じで落ち着いた。
接続図 
今までRGB21ピンで接続してたSS・DC・SFC・NEOGEO・基板関係については、
すべて試したワケじゃないけど、おそらくD1変換しても映らないし、
今のテレビではAVマルチで接続しても映らないと思われる。
何かしら手を入れれば使える可能性もあるけど、既に面倒なので割り切った。
(もしかしたら初代PSも使えないかもしれないけど、PS2で代用可能なのでスルー。)
 
PS2とXboxはD端子なりコンポーネントなりにすればイイだけの話で、
そうなると、やっぱりRGB21ピン(AVマルチ)は使用することはないんだろうな、と。
D端子の機器であればテレビ側とPC側への同時出力ができてさえいれば、
わざわざトラスコを使ってVGAモニタに出力する意味がない。
 
やっぱり『XSELECT-D4』を介してる意味がまったくないですな・・・|||orz
己の計画性のなさを痛感したりもしたけど、
まぁ、いろいろやってる間はそれなりに楽しめたんで良しとしましょう(´・ω・`)
 
– 追記 2008/05/09 01:35 –
そうそう、肝心のケーブル引き回しの件、
『SB-RX300D』からテレビまでのケーブル長は、
D端子→コンポーネント変換ケーブルなどの長さも含めて、
なんだかんだで結局7m以上になっちゃった(´・ω・`)
とはいうものの、気になるほどの画質の劣化はないように思える。
コレはコレで良かったという結論。
一時はモンスターケーブルの購入も考えたけど、
コンポーネント(色差)ケーブル8mで38,000円とかマジありえない。
もう1台本体買うわw
 
広告
  1. #1 投稿者: wutchy (2008/05/08 - 17:11)

    >げっこーサン
    もうね、面倒だからコレ買っちゃいましょうよw
     
    キャプチャ時の遅延ってソフトウェアにしてもハードウェアにしても、
    モニタに表示されるまでの間に何かしらの内部処理が入るワケですから、
    スルー出力でもしない限り大なり小なり遅延が発生しそうな気がしますが、
    実際はどうなんでしょうね?
    まぁ、ゲームプレイに支障が出ない程度の遅延であれば実際には問題ないんでしょうけど。
     

  2. #2 投稿者: げっこー (2008/05/08 - 16:03)

    うちの変な接続より春香にいいね(変換合ってます)うちのブログでも書いたけど、現状のキャプチャ環境はこんな感じ(簡素)・箱本体-D端子+コンポジット(赤白黄)の両方を液晶テレビへ(通常プレイ-D端子 キャプチャ時-コンポジットで出力(箱側端子で切替)・テレビの出力端子からコンポジットで外付けキャプチャでPCへ箱とキャプチャを直接繋ぐと、恐ろしいほどラグが出たのでこの方法になりました・・・。キャプチャ+プレイ時は、箱本体設定でワイドにするとあんまきにならなかったり(笑)逆に、D端子時よりも遅延が少ない気が・・・まあ気のせいだろうけど。最近はアイマスMAD素材撮りがメインなので、遅延も関係ないので、箱からS端子でキャプチャに入れてます。キャプチャはWMM(ウィンドウズムービーメーカー)にWME(ウィンドウズメディアエンコーダー)のプロファイルエディタで作った設定を突っ込んで高出力WMV。だったんだけど、最近その書き換えたプロファイルが認識されなくて大変。しぶしぶキャプチャ付属ソフトで、Mpeg2で取り込んでます・・・。(この辺の高画質WMVは意外とその辺のブログにあるから楽勝でした)なんにしても、ハードウェアエンコーダーじゃないと、俺の問題は解決しないかも(笑)外付けキャプチャ、中古のソフトウェアエンコーダーなんだよねえ・・・・。ここに投資すべきかは、かなーーーーーーり悩んでいます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。