『Windows 7』を導入してみた

買ってきたRAIDボードとHDDを取り付けて『Windows7』を導入してみた。
オレはVistaを使ったことがないので、
既にVistaで導入済みの仕様もあると思われるがあしからず。
 
その前にスペック晒し。
 
CPU Intel Core 2 Quad Q6600 @2.8GHz
M/B GIGABYTE GA-EP45-DS3LR
メモリ Transcend DDR2-800 2GB x2
ビデオ ATI RADEON HD4670 DDR3 1GB
RAIDカード グリーンハウス GH-PEX-ESA2 (Sil3132チップ)
HDD HITACHI HDP725050GLA360 x2
サウンド Creative Audigy Platinum eX
チューナーカード IO-DATA GV-MVP/GX2W
キャプチャカード CB-HARROC01-PCIE
モニタ 三菱 Diamondtron Flat RDF22PII
  三菱 Diamondtron Flat RDF22S
 
まずは32bit版のインストール。
XPまでと違ってブルースクリーンに白文字だけの画面ではなく、
Windowsのロゴの後、基本設定のウィンドウが起動する。
この画面で増設カードドライバの設定などを行う。
しかもだ。
ドライバの読み込みはFDDだけじゃなく、CD-ROMやUSBメモリからもできるらしい。
コレで本当にFDDは必要なくなるかも。
(おそらく、この辺はVistaも同じ。)
 
あとは、パーティションの設定、インストール先の指定をして、
インストールが完了するまでひたすら待つのみ。
XPみたいに地域がどうとか、ネットワークがどうとか、うるさく聞かれなかった気がする。
ユーザーとPC名、あと、あぁ・・・ネットワークは聞かれたか。
 
数回の再起動を経てデスクトップ画面になった時には、
サウンドカード、ビデオカード、チップセットなど、ほとんどが標準ドライバで動いてた。
面倒なインストール作業もなく非常に快適。
XPはここまで持ってくるのが結構面倒なのよね。
その後、チューナーカード、キャプチャカードのドライバも難なくインストール完了。
 
「Office 2003」「Kingsoft Internet Security U SP1」もインストールしてみたけど、
特に問題なく動作。
その他アプリも問題はないように思えた。
コレだったら乗り換えても良さ気な感じ。
Vistaからの乗換えではないので何処が快適になったのかは知らん。
あとはインターフェイス系に慣れないとダメですな。
2000 → XPの時より分かりづらいわ。
 
気になったところをいくつか。
 
・標準ドライバ適用について
まずはサウンドドライバ。
標準で充たってくれたのはイイけど、なんか音量バランスが悪い。
システム系の音声がやたらと小さいのでアンプのボリュームを大きくしてたら、
アプリ系での音声が爆音量で再生される罠発動。
”スナッチャー”かよっ!?
再生したのがエロ動画とかじゃなくてホント良かったw
それから、ミキサー類のコントロール項目が異様に少ない。
というか、調整したいコントロールが何一つ出てこないw
明らかにおかしかったのでドライバを一旦削除、
再起動してからメーカーサイトからDLしたドライバを充て直したところ、
XPで使ってたときと同様のコントロールが出てきた。
システム系の音量バランスも普通になった。
 
次にグラフィックドライバ。
オレの使ってるHD4670はHDMI出力ではなくHDTV出力が可能。
D4までは出力可能なはずなんだけど、
OS標準の「画面の設定」から選択できるのは何故かD2解像度まで。
「汎用非PnPモニター」の周波数設定も何故か”25kHzインターレース”しか選択できない。
テレビに出力できるようにするまでこれまたひと悶着あったワケだが、
設定方法がよく分かんねぇぇぇぇぇぇぇっ!!!ヽ(`Д´)ノ
 
仕方がないので「Catalyst Control Center(以下CCC)」をインストールしてみたのだが、
そもそもCCC自体が起動しない。
どうやらドライバに問題があると起動しないようなので、
ドライバを一旦削除して再起動後、メーカーサイトからDLしたドライバを充て直したところ、
CCCが無事に起動した。
が、ディスプレイ項目で出力先をHDTVへ切り替えることができない。
いろいろ弄ってやっと分かったんだけど、
どうやらOS側で出力設定されたディスプレイしかCCCの項目として表示されないようだ。
OS側でディスプレイ+HDTVの状態に設定した状態でCCCを起動すると、
今度はディスプレイ1がHDTVとなっていて設定変更が可能となった。
 
ここでひとつ気が付いた。
「汎用非PnPモニター」で”25kHzインターレース”しか選択できなかった原因だが、
CCC上で確認するとHDTVのデフォルトの出力解像度は525iのみに設定されている。
そこで、出力できる解像度に720pを追加してみると・・・、
思ったとおりOS側の設定でも1280×720が設定できるようになった。
なんという遠回り(;´Д`)
 
結論。
どうも標準でインストールされるドライバでは細かい設定ができないようだ。
チップセットやLANなんかは特に不具合は出てないんで標準で問題ないと思うけど、
メーカー純正のツールと連動してたり、細かい設定を必要とするような場合は、
やっぱり後からメーカー公式のドライバを入れる必要がありそうだ。
ちなみにVista用のドライバで問題なく動いてるように見える。
内部的にどうなってるかは知らない。
 
それから、デスクトップ上のアイコンや文字。
メイリオ云々以前に、なんかやたらデカいような気がする。
1600×1200で使ってても、気分的には1280×1024な感じ。
デスクトップが狭くて仕方がない・・・(;´_`)
 
 
続いて64bit版のインストール。
基本は32bit版と何ら変わらず。
ただ、メーカー製ドライバやらアプリケーションやらのインストールでコケまくり。
そもそもインストールできなかったり、中途半端にインストールされたり、
ホビー用途のOSとしてはかなり厳しい感じ。
ということで、検証もそこそこで放置確定w
まぁ、MSに望むことは、Win7への切換が成功したら次は64bit化ですかね。
 
 
そんなこんなで、いろいろ楽しんでみたワケだけど、
32bit版はそこそこ使えてるんで、1年はコレで乗り切ってみようと思う。
パーティションの半分が勿体無いけどねw
64bit版削除してキャプ用のドライブにでもしようかしら。
XPとデュアルブートってテもあるか・・・。
 
あ、そういえば、デュアルブートで思い出した。
32bit版と64bit版をデュアルブートにすると、
ブートメニューでの選択肢が両方”Windws 7”で表示されて、どっちがどっちか見分けがつかない。
コレについてはVistaやWinServer2008も同じ状態らしい。
XPまではテキストで「boot.ini」を編集してやればイイだけなんだけど、
Vistaからはどうもそういうワケにはいかないようだ。
編集用のツールなんかもあるみたいだけど英語だし、ぶっちゃけ導入して云々とか面倒。
編集自体はコマンドが用意されているようなので、
こちらのサイトを参考にちゃちゃっと書き換えた。
コレでひと安心( ´ー`)y-~~~
 
 
– 追記 2009/05/31 02:43 –
あれ?
dxdiag_snap_win7x86
DirectXのバージョンが既に11になってる・・・。
 
広告
  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。