Windows7の『Windows XP Mode』を使ってみた

まぁ、なんだ。
 
ただの”Virtual PC”じゃね~か。
 
極端にいうとそういうことだ。
 
「Windows XP Mode」上でインストールしたXP用アプリケーションを、
さもWindows7上で動いてるように振舞わせるだけの機能だったというオチ。
 
結局のところ、アプリケーションのインストールは、
Virtual PC上の仮想デスクトップから行う必要があるし、
そもそもVirtual PC上でWindows XPをインストール、セットアップしておく必要がある。
 
セットアップの終わったXPの仮想デスクトップ上でアプリケーションをインストールすると、
Windows7 側のスタートメニューからアプリケーションが選択できるようになり、
仮想デスクトップを表示しない状態でアプリケーションが起動する。
アプリケーションのみがウィンドウ表示になるので、
Windows7上にインストールしたアプリケーションと同じように見える。
と、それだけのことで、実は裏でVirtual PC上のWindows XPが動いてる。
 
無理に互換性を維持しようと頑張るよりは、
こっちの方が確実に互換性は上がるけど、
なんか苦肉の策って感じが否めない。
まぁ、苦肉の策なんだろうなw
 
ただ、今までのWindows上でVirtual PCを設定することを考えると、
セットアップ自体は非常に簡単に感じた。
「Windows XP Mode」用の2ファイルをMSサイトからDLして、
Virtual PC用ファイル、XP MODE用ァイルの順番に実行すればXPのインストールまでは完了。
OS自体はWinXP Professional SP3がライセンスキー不要で使用できる。
 
問題は環境的に敷居が高いことか。
CPU自体に仮想化支援機能がないと「Windows XP Mode」自体が使用できないのと、
Windows7のエディション自体が「Professional」「Enterprise」「Ultimate」でしか使用できない。
 
あと、基本的にVirtual PCなのでCPU性能とメモリはWindows7と共有になるので、
マシンパワーやグラフィック性能なんかはXP単体の時に比べるとかなり落ちるはず。
3Dでゴリゴリ動くゲームとか、動画編集なんかは、多分実用に耐えないと思う。
 
64bit環境で32bitのXPモードを動かせば(動くのか?)、
メモリは潤沢に使えるんで問題ないんだろうけど、
結局CPUがネックになるしなぁ・・・。
やっぱり、Win7とWinXPのデュアルブートが鉄板か・・・?
 
とはいうものの、
オレがWindows7を使い始めてからしばらく経つけど、
XPからの移行による大きな問題は今のところ発生してない。
ゲーム系も細かいアプリもVistaやWin7対応を謳ってなくても動いてるし。
何となくだけど、ホームユースであればWindows7に乗り換えてもほとんど問題ないのかも。
 

広告
  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。