「キャプチャ」タグのつけられた投稿

1080p 60fpsのキャプチャとかYoutubeへのアップロードとか

サラウンドでゲームを楽しみつつステレオでキャプチャする環境について、
いろいろと調べてはみたものの環境を作ることが面倒になり、
もうSONYの「STR-DN1050」を買ってしまおうか・・・と思ってた矢先に、
突然の値上がりでガッカリ・・・(´・ω・`)
ココにきて元々の最安値に近い価格に戻ってはきたけど、
Zone2でデジタル出力ができないとかいう話もちらほら・・・。
 
ぐぬぬ・・・と、悶々とした気持ちで2か月程度過ごしてきたワケだけど、
肝心のキャプチャってそもそもできんの?と思いはじめ、
もうキャプボ直挿しでもイイから1回環境を確認しておこうかと。
SK-MVXU3R買ったときに簡単な確認はしたような気ははするけど、
ガッツリ?と確認したことなかったので。
 
映像ソースはXBOX ONEの「Forza Horizon 2」体験版。
いつものように使い慣れた「ふぬああ」+「Huffyuv MT版」でキャプチャ。
が、映像がデジタルノイズになってキャプチャできない。
散々悩んだが結局Codecに「Huffyuv MT版」を使うとダメっぽいことが分かった。
64bitの所為なのか?Win8.1の所為なのか・・・?
仕方がないので急遽Codecを「AMV4」へ変更。
使うのが初めてなので、まずはデモ版として導入。
細かい設定はあまり弄らなかったけど、キャプチャ結果は良好。
デモ1ループ~初回スタートデモ~フェスティバル会場までの11分強で約33GBのファイルを作成。
 
お次はYoutubeへのアップロード。
33GBのファイルを直接アップロードしたが、最終的にアップロード失敗(´・ω・`)
正確には、アップロード自体は終わったけど、サーバ側で変換に失敗したっぽい。
というワケで、「AviUtl」でmp4(x264)へ変換。
設定はよくわからないので、「自動マルチパス:2」「上限ファイルサイズ:1024MB」として保存。
3時間以上かかったけど、無事に1GB程度まで圧縮されました。
気を取り直して再びYoutubeへアップロード。
無事に投稿できたのが下の動画になります。
 

※設定を”1080p60”へ変更してご覧ください。
 
Youtube上で1080p60fps動画のアップロードが完了した際の注意点。
実際にアップロードが完了してから1080p60動画が再生できるまでちょっと時間がかかる。
処理が完了して最初に公開される画質は「360p」だけ。
1080p60動画のUP失敗したの???(・ω・`;)と思って一度削除してしまったのはナイショだ;-P
粛々と内部処理されて、そのうち”108p60”が選択できるようになる。
 
それと、今回ちょっとビックリしたことがある。
アップロードした動画内に著作権に引っかかる音楽が使われてるので、
一部の国で動画をブロックしているというのだ。
しかも、著作権侵害の申し立てメールまで送信されてくる始末(;´Д`)まぁ、自動メールだけどな。
動画管理の画面で、動画内で該当の曲が使われている部分と、元曲の権利情報が表示されているので、
権利情報からYoutube上で元曲といわれるものを検索して動画を再生したところ・・・
ホントに同じ曲だった!?(;゚Д゚)スゲー
ゲーム内の曲なんでオリジナルだと思ってたけど違うのね・・・(^^;
 
ん・・・?
この機能を使えば、気になるけどタイトルが分からない曲を探すのに捗るな。
 
広告

, , , , ,

コメントする

HDMIスプリッタを手に入れたぞ!(`・ω・´)

DSCF6231
 
まぁ、ただの分配器なんだけどね。
 
かなり前にPS3の「3Dドットゲームヒーローズ」を買ってきたんだけど、
キャラエディットで作ったキャラをキャプろうと思った。
で、せっかくなんでIntensityでキャプろうと思ったら、
なんか、ふぬああで表示されないし(´・ω・`)
現状HDMIはキャプボにしか突っ込んでないから、
ちゃんと映ってるのかどうかも正直怪しい。
かといって、わざわざキャプボからケーブル外してディスプレイに突っ込むのも億劫。
そうなると、アナログ環境と同様に同時出力してあったら楽だなぁ・・・と。
 
ということで通販調べたりアキバで探してみたりしてみたワケだけど、
まともそうな2分岐スプリッタの最安値で4,000円切るくらいだった。
テック社製の「THDSP12」ってヤツ。
別に画質の違い云々が分かるワケじゃないからこれでも良かったんだけど、
同じくらいの値段でもう少し性能の良さ気なモノが中古で買えないかなぁ・・・と。
もっとも、このテのモノって発売時期によっては安くて高性能って可能性もあるから、
一概に同価格帯の中古の方が高性能ってこともないんだけどね。
 
で、早速オークションをあさってみたワケですが、
1、2度箱から出して手に取った程度という「ROOTY HD SP4」が8,000円で出品されてた。
なんとオレ的に安心のマイコンソフト社製ですよ!(゚∀゚)
ですよ!(゚∀゚)っていうか、出してるのは知ってたんだけどさ。
今まで興味なかったというか必要なかったし、2分配でも結構高かったんでスルーしてた。
4分配でこの値段だし、マイコンソフト社製なら、まぁイイかなと思ってポチッた。
競うことなく落札。
HDMIスプリッタってあんまり人気ないのかね・・・(´・ω・`)
 
落札して3日目には商品が到着したので早速設置。
オレのAV機器コレクションの歴史に、また1ページ・・・
 
ディスプレイには何の問題もなく映ってるけど、
Intensityの映像はまったく映らず・・・(´・ω・`)
何だろうなぁ・・・と思ってよくよく見たら認識してないし(;´Д`)
仕方がないのでボード挿し直し~(´・ω・`)
PCを再起動して確認すると今度は無事に認識してるようだ。
が、映らない~(´・ω・`)
ふぬああの設定のせいないのか、
原因不明のままダラダラとあ~でもないこ~でもないと弄ってると映った!(゚∀゚)
ビックリさせやがって・・・(;´ー`)y-~~~
 
せっかくだからフルHDで堪能するぜ!(`・ω・´)
とPS3側の出力を1080pに変えた途端、またIntensityの画面が真っ黒に・・・。
イヤな予感がしつつもwiki辺りを読んでるとショーゲキの事実が発覚!!
 
>1080pは非対応
>1080pは非対応
>1080pは非対応
>1080pは非対応
 
ぎゃ~~~~~~~~~~ス!!!!!(;゚Д゚)
 
こんなこったろうと思ったぜ・・・(ノ∀`)
・・・(ノA`;)
くそぅ・・・(ーεー;)
HDMIなんで当たり前のように1080p対応だと思ってた。
無知ってコワイねぇ・・・。
 
そして・・・更に衝撃の事実が・・・。
IntensityってHDMIポートが2ポートあるんだけど、
一方は入力端子で、もう一方はスルー出力端子らしい・・・。
つまりこういうことだ。
 
HDMIスプリッタを使用することなくキャプりながらディスプレイへの出力が可能
 
アウアーアーアー(;´Д`)
無知ってコワイねぇ・・・。
いわれてみればそうだった気もするなぁ。
Intensityなんてしばらく使ってなかったんで忘れてたけど・・・(´・ω・`)
8,000円ドブに捨てた・・・|||orz
 
まぁ、せっかくだからIntensityとPC用ディスプレイx2と、
おそらく・・・そう遠くない未来にテレビ買い換えるだろうから、
そっちにも同時出力してやるぜ!(`・ω・´)
 
って、Intensityが1080p非対応なんだよなぁ・・・orz
テレビの前に1080p対応のHDMIキャプボが先か・・・(-ω-`;)
 
 
それから、せっかくなんでドゲヒのエディットキャラも晒しとく。
SNAP-20101019 

, , , ,

コメントする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。