「SK-MVXU3R」タグのつけられた投稿

1080p 60fpsのキャプチャとかYoutubeへのアップロードとか

サラウンドでゲームを楽しみつつステレオでキャプチャする環境について、
いろいろと調べてはみたものの環境を作ることが面倒になり、
もうSONYの「STR-DN1050」を買ってしまおうか・・・と思ってた矢先に、
突然の値上がりでガッカリ・・・(´・ω・`)
ココにきて元々の最安値に近い価格に戻ってはきたけど、
Zone2でデジタル出力ができないとかいう話もちらほら・・・。
 
ぐぬぬ・・・と、悶々とした気持ちで2か月程度過ごしてきたワケだけど、
肝心のキャプチャってそもそもできんの?と思いはじめ、
もうキャプボ直挿しでもイイから1回環境を確認しておこうかと。
SK-MVXU3R買ったときに簡単な確認はしたような気ははするけど、
ガッツリ?と確認したことなかったので。
 
映像ソースはXBOX ONEの「Forza Horizon 2」体験版。
いつものように使い慣れた「ふぬああ」+「Huffyuv MT版」でキャプチャ。
が、映像がデジタルノイズになってキャプチャできない。
散々悩んだが結局Codecに「Huffyuv MT版」を使うとダメっぽいことが分かった。
64bitの所為なのか?Win8.1の所為なのか・・・?
仕方がないので急遽Codecを「AMV4」へ変更。
使うのが初めてなので、まずはデモ版として導入。
細かい設定はあまり弄らなかったけど、キャプチャ結果は良好。
デモ1ループ~初回スタートデモ~フェスティバル会場までの11分強で約33GBのファイルを作成。
 
お次はYoutubeへのアップロード。
33GBのファイルを直接アップロードしたが、最終的にアップロード失敗(´・ω・`)
正確には、アップロード自体は終わったけど、サーバ側で変換に失敗したっぽい。
というワケで、「AviUtl」でmp4(x264)へ変換。
設定はよくわからないので、「自動マルチパス:2」「上限ファイルサイズ:1024MB」として保存。
3時間以上かかったけど、無事に1GB程度まで圧縮されました。
気を取り直して再びYoutubeへアップロード。
無事に投稿できたのが下の動画になります。
 

※設定を”1080p60”へ変更してご覧ください。
 
Youtube上で1080p60fps動画のアップロードが完了した際の注意点。
実際にアップロードが完了してから1080p60動画が再生できるまでちょっと時間がかかる。
処理が完了して最初に公開される画質は「360p」だけ。
1080p60動画のUP失敗したの???(・ω・`;)と思って一度削除してしまったのはナイショだ;-P
粛々と内部処理されて、そのうち”108p60”が選択できるようになる。
 
それと、今回ちょっとビックリしたことがある。
アップロードした動画内に著作権に引っかかる音楽が使われてるので、
一部の国で動画をブロックしているというのだ。
しかも、著作権侵害の申し立てメールまで送信されてくる始末(;´Д`)まぁ、自動メールだけどな。
動画管理の画面で、動画内で該当の曲が使われている部分と、元曲の権利情報が表示されているので、
権利情報からYoutube上で元曲といわれるものを検索して動画を再生したところ・・・
ホントに同じ曲だった!?(;゚Д゚)スゲー
ゲーム内の曲なんでオリジナルだと思ってたけど違うのね・・・(^^;
 
ん・・・?
この機能を使えば、気になるけどタイトルが分からない曲を探すのに捗るな。
 

, , , , ,

コメントする

『MonsterX U3.0R』導入でいろいろわかったこと

なんか・・・いろいろと勘違いしてたみたい・・・(´・ω・`)
 
■Read/Write 500MB/s環境の必要性
あくまでも”非圧縮”時に必須ってこと。
そもそも、ふぬああ+huffyuvを使うことが前提だったんで、100MB/sもあれば充分だった。
SATA 3.0であればHDD単体でも余裕の100MB/s超なのでRAID0環境も必要なかった・・・(´・ω・`)
 
■アマレコTVを使わなかった理由
HDCPについては付属のキャプチャソフト以外であれば問題ないような話だったけど、
ドライバCDが既にVer.1.1に変更されてたので、ドライバレベルで非対応に・・・(´・ω・`)
まぁ、でも、そこはそれで事なきを得て、付属のキャプチャソフト上であっさり表示。
SC-500N1/DVIもそうだったけど、普通はそういうものよね。
HARROCがじゃじゃ馬過ぎただけ。
Intenisity(無印)も結構聞き分けのない子だった印象。
 
で、早速ふぬああをインストール。
64bitなんでいろいろ面倒だったけど何とかインストール完了。
ただし、サウンドデバイスがビデオデバイスと同じはずだが選択ができない。
導入失敗な感じで調べるのも面倒だったのでアマレコTV導入の方向で。
インストールして思い出した。
ふぬああに比べればアマレコのほうが圧倒的に扱いやすいのに、アマレコを使ってなかった理由が。
コーデックがシェアウェアな上、ソレをインストールしないとアマレコが起動しない。
で、断念したんだっけ・・・。
 
よくよく調べてみるとロゴを消すとかなんとか・・・なんて件が検索で結構ヒットする。
あ~、ライセンスキー入れないとそうなるだけで、インストール自体はできたのね(´・ω・`)
で、他のコーデックも使用可能と。
そんなワケで、アマレコTV+huffyuv環境にてキャプチャ環境構築完了。
なんか、想定してたよりもあっさりと環境構築ができた。
ゲーム実況者はモテモテらしいので配信すっか(`・ω・´) ←相変わらず動機が不純
配信するゲームが・・・ないな・・・。
 
■PS4に保存される動画
環境も整ったことなので、以前PS4のSHARE機能でFacebookにUPした動画で、
専用環境での性能の違いを見せつけてやろうかと。
PS4本体に残してあった動画をキャプチャするも、いまいち画質が良くない。
明らかにアプコン的な画質だなぁと思っていろいろ設定を弄ってみたけど画質変わらず。
で、改めてPS4上で動画を再生させたら、元動画の画質のせいでしたというオチ(´・ω・`)
 
何の根拠もなかったけど、元画質で残ってるものかとばかり・・・。
まぁね、確かにフルHDで残しておく必要もないし、
第一、ファイルサイズがそんなに大きくないからねぇ。
確かに手軽ではあるけど、どうせなら綺麗に残したいわよねぇ。
何のためのPS4画質なのか・・・(´・ω・`)
あ・・・それで今後のアップデートでHDCP解除するのか。
 
■結局・・・『ふぬああ』なのかしらね・・・?
それじゃ、せっかくなのでPS3のタイトルでもキャプってみるかと。
まだ1回も起動したことないDOA5でもキャプろうかと思って起動してみたら、
突然アマレコが映らなくなった。
アマレコを再起動したら、なんとかフィルタが見つからないというエラーががが!
付属のアプリケーションだと正常に映るが・・・はて・・・?
実はHDCPが解除できてないとか・・・?(・ω・´;)
 
仕方ないので引っ越しのゴタゴタで行方不明になっていたGAME SWITCHを掘り当てて、
PS3とMonsterX U3.0Rの間に繋いでみた。
 
・・・壊れとる・・・(´Д`;)
 
画面に青いノイズが乗って音が出ないっぽい。
ケーブルを変えてみてもダメっぽい・・・orz
やっぱりこの辺の機器は定期的に通電させないとすぐに壊れるわね・・・(´・ω・`)
 
結局のところ・・・、
HDCPは解除できてたけど、DOA5起動時に解像度が変わってしまうため、
アマレコの設定を解像度に合わせて変更してやる必要があるっぽい、ということが分かった。
大は小を兼ねないのか・・・。面倒くさい・・・。
 
ふぬああは解像度が小さくなると勝手に切り替わってた・・・というか、
キャプチャ範囲はそのままでも解像度の低いソースはキャプチャできたのに。
まぁ、PS3の設定変えてみたり、MonsterX U3.0R挟む場所を変えてみたり、
まだできることはたくさんあるので、いろいろやってみますかね。
それでダメなら、ふぬああを動かすために頑張るよ。
すべてはモテモテ生活のために!(`・ω・´)
 
・・・ペンゴでもイイかな・・・?(・ω・´;)
 
 
 

,

コメントする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。